お金をかけない教育が真の学力を生む!塾も家庭教師も要らない小資金教育戦略

通信講座で勉強

通信添削講座という選択肢

全くの自主学習と進学塾との中間的な勉強手段が通信添削講座です。

そのメリットとデメリットを挙げてみますと、


まず、メリットは

  • 塾に比べ、自分のペースで勉強できる
  • まずは「自分で勉強する」というクセが身につく
  • 添削された答案がそのまま、自分だけのデータベースになる
  • 答案をつくる訓練になる
  • 自分の弱いところが、客観的に分かる
  • やれば、確実に力がつく
  • 塾に比べ、費用が安い

デメリットは

  • 課題を溜めるとやる気が萎える
  • 課題を提出してから返却されるまでに時間がかかる
  • 添削された答案を復習しないと意味がない
  • やるかどうかは、すべて本人任せ

といったところでしょうか。

私も高校生の時に「第一学習社」というところの通信添削をやった経験がありますが、デメリットの部分では特に答案返却までの時間が気になったことを覚えています。

それ以外では、やるかどうかだけですから、とても役立ったと思います。 特に数学では表現力、論理構成力の訓練になりました。この部分は自学自習ではちょっと限界がありますからね。

通信講座では、進研ゼミとZ会(増進会出版)が有名ですが、将来、難関大学を目指すなら、なんといっても Z会 がお勧めです。

先ほどのデメリットの中の、答案返却までのタイムラグについても、気にならないように、上手く工夫しています。

メニューも豊富で、レベルに合わせた選択が可能となっています。

通信添削講座。 費用対効果が優れた勉強法といえます。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional