お金をかけない教育が真の学力を生む!塾も家庭教師も要らない小資金教育戦略

禁断の数学勉強法

数学は暗記科目?

数学暗記科目ではなく、演習によって実力をつけられると一般的には考えられています。

しかし、有名な精神科医で「受験技術研究家」でもある、和田秀樹氏によれば、数学は記憶が重要とのことです。

彼は高校時代、一夜漬けで数学の問題を200問、その解法を暗記する事で定期試験を切り抜けてきたといいます。そして、それを繰り返したおかげで、高二の終わり頃には苦手だった数学が東大理?の合格ラインに乗ったというのです。

ただ、和田氏はこうも言っています。この方法(解法の暗記)で数学が飛躍的に伸びた人がいる一方、全く伸びなかった人もいると・・・。

和田氏も最近の著書の中で触れていますが、記憶には二種類あって、名前や電話番号を覚える「単純記憶」と、理解がともなってはじめて記憶できる「エピソード記憶」があり、どうもこれが成果の有り無しに関係していようなのです。

つまり、成果が出ないケースは数学の解法を暗記するのに「単純記憶」の要領で覚えようとしたのではないか、ということです。

分かるような気がします。数学の解法を電話番号を覚えるように暗記しようとしても、苦しいだけです。とても、覚えられるものではありません。

これに対し、「エピソード記憶」による暗記なら、理解を伴うわけですから、「覚える」ことができる・・・。と、まあ和田さんは主張されるのですが、よく考えてみると、これは演習による勉強法と結果は同じではないかという気もします。

つまり、「暗記」という言葉が「理解を伴う記憶」という定義に馴染まないのではないかということです。演習を重ねれば、自然に解法を理解し、記憶していくことになるのですから、これもまた、「エピソード記憶」です。むしろ、凡人にはこのアプローチのほうが解法を記憶できるように思われます。

「暗記数学」の具体的な方法としては、問題と解答プロセスをカードに書き出し、「理解」しながら覚える、ということなんですが、ハッキリ言ってこれは禁断の勉強法。灘高から東大に進んだ和田さんだから出来た方法かもしれません。

 

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional